okagedou_title2.gif




保険施術のご案内


bargreen.jpg
健康保険での鍼灸治療のご案内
bargreen.jpg


 下記の6疾患に該当する可能性のある患者様は、
お医者様の診断を受けて健康保険をご利用になる
ことが認められています。
健康保険が適用される疾患について <次の病気については健康保険で鍼灸治療を受けることができます>

 1.神経痛   ……例えば、坐骨神経痛など。
 2.リウマチ  ……急性、慢性で各関節が腫れて痛む場合。
 3.腰痛症   ……慢性の腰痛、ギックリ腰など。
 4.五十肩   ……肩の関節が痛く腕が挙がらない場合。
 5.頚腕症候群 ……頚から肩、腕にかけてシビレ痛む場合。
 6.頚椎捻挫後遺症 ……頚の外傷、むちうち症など

  上記の他、これらに類似する疾患など。

健康保険の取り扱い手順について <当院までお問い合わせくだされば、ご説明いたします>

 @当院で「同意書」という用紙をお渡しします。

 A同意書を、日頃治療を受けていらっしゃる医院、
  診療所、病院等にご持参いただき、
  お医者様に必要事項を記入してもらってください。

 B記入済みの同意書健康保険証を当治療院に
  ご持参下さい。
 ※後日、申請書に印鑑が必要になります。

健康保険の取り扱い上の留意事項について <鍼灸の保険適用につきましては、下記の事項にご留意ください>

 (1) その病気は、鍼灸治療の前にお医者様の治療を
   受けることが必要です。

 (2) 保険で鍼灸を受けている期間、同じ病気(病名)に
   ついては、医院、診療所、病院等にかかれません。

    他の病気(病名)の治療は受けられます。

    例えば、五十肩で鍼灸の保険治療を受けている
   患者様が、腰痛症、膝の痛み、足の痛み等で、
   お医者様にかかることは出来ます。

 (3) 最初にお医者様の同意を受けてから、それ以後は、
   3ヶ月毎に再同意が必要です。

    但し、再同意は口頭での再同意も認められています。

 (4) 保険の種類によっては、取り扱いが出来ない場合や、
   患者様ご本人で手続きをしていただく必要のある
   場合もありますので、当院までお問い合わせください。


       ≪保険診療での往療可能なエリア≫
            ― 治療院から片道直線距離16km以内の範囲 ―

 <奈良県内>
 
三郷町 斑鳩町 平群町 王寺町 安堵町 河合町 上牧町
 広陵町 川西町 三宅町 田原本町 大和郡山市 生駒市 
 香芝市 大和高田市 奈良市 天理市

 <大阪府内>
 
柏原市 八尾市 藤井寺市 羽曳野市 松原市 大阪市(南東部)


 ※往療は歩行不能・歩行困難などのやむをえない事情がある場合に限り
  認められます。
 ※治療院からの片道直線距離16kmを超える往療は認められていません。
 ※上記の市町村内であっても一部圏外(16km超)になるエリアがあります。
  逆に上記以外に往療の認められる(16km以内の)エリアがあります。

  詳細はお問い合わせください。




bargreen.jpg
健康保険での医療マッサージのご案内
bargreen.jpg

 下記の症例に該当する可能性のある患者様は、
お医者様の診断を受けて健康保険をご利用になる
ことが認められています。




健康保険が適用される症例について


 <次の症例については健康保険で医療マッサージ(在宅医療マッサージ)や変形徒手矯正術を受けることができます>

 鍼灸の場合と異なり、医療マッサージの場合は、「一律にその
診断名によることなく筋麻痺・関節拘縮等であって、医療上マッ
サージを必要とする症例」が療養費の支給対象(保険適用)にな
るとされています。つまり、傷病名に関わらず、症状に筋麻痺、
関節拘縮等があれば適用されます。
 医療上マッサージを必要とするか否かについては、お医者様
の診断が必要です。
 現在、主に取扱われている疾患は、脳血管障害後遺症等に
起因する筋麻痺、骨折後遺症、廃用性関節拘縮等です。

 ≪参考≫

 筋麻痺、関節拘縮、筋萎縮等の起こりやすい疾患の例

 脳梗塞後遺症、脳出血後遺症、くも膜下出血後遺症、
 多発性脳梗塞、パーキンソン病、パーキンソン症候群、
 筋ジストロフィー、変形性脊椎症、変形性腰痛症、
 変形性膝関節症、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、
 慢性関節リウマチ、多発性関節リウマチ、脊髄小脳変性症、
 筋萎縮性側索硬化症、頚椎損傷、脊髄損傷、廃用症候群、
 上下肢筋肉廃用性萎縮、閉塞性動脈硬化症、
 骨折手術やその他の骨関節手術後の関節運動障害、…等



健康保険の取り扱い手順について

<当院までお問い合わせくだされば、ご説明いたします>


 @当院で「同意書」という用紙をお渡しします。

 A同意書を、日頃治療を受けていらっしゃる医院、
  診療所、病院等にご持参いただき、
  お医者様に必要事項を記入してもらってください。

 B記入済みの同意書健康保険証を当治療院に
  ご持参下さい。
 ※後日、申請書に印鑑が必要になります。



健康保険の取り扱い上の留意事項について

<マッサージの保険適用につきましては、次の事項にご留意ください>


 (1) 医療機関との併給併用が可能です。
   医療マッサージを受けている期間も、
   医院、診療所、病院等にかかることが出来ます。

 (2) 介護保険との併給併用が可能です。
   医療マッサージや在宅医療マッサージには
   医療保険が適用されますので、
   介護保険の訪問リハビリと併用することが出来ます。

 (3) 歩行困難、歩行不可能な方が、
   在宅医療マッサージを受けるためには、
   同意書に往療を必要とする記載が必要です。

 (4) 最初にお医者様の同意を受けてから、
   それ以後は、3ヶ月毎に再同意が必要です。
   但し、再同意は口頭での再同意も認められています。
 
   矯正術の場合は1ヶ月毎に同意書が必要です。

 (5) 保険の種類によっては、取り扱いが出来ない場合や、
   患者様ご本人で手続きをしていただく必要のある場合も
   ありますので、当院までお問い合わせください。





≪保険診療での往療可能なエリア≫
― 治療院から片道直線距離16km以内の範囲 ―
 <奈良県内>
 三郷町 斑鳩町 平群町 王寺町 安堵町 河合町 上牧町
 広陵町 川西町 三宅町 田原本町 大和郡山市 生駒市 
 香芝市 大和高田市 奈良市 天理市

 <大阪府内>
 柏原市 八尾市 藤井寺市 羽曳野市 松原市 大阪市(南東部)


 ※往療は歩行不能・歩行困難などのやむをえない事情がある場合に限り
  認められます。(同意書に往療を要するという記載が必要です。)
 ※治療院からの片道直線距離16kmを超える往療は認められていません。
 ※上記の市町村内であっても一部圏外(16km超)になるエリアがあります。
  逆に上記以外に往療の認めらる(16km以内の)エリアがあります。

  詳細はお問い合わせください。





pl02h.gif      pl02m.gif