何もしていないのに凝る(痛くなる)のはなぜ?





Q:何もしていないのに肩が凝ったり腰が痛くなったりする

  のはなぜか?




A:地球には「重力」(gravity)があるからです









 自分では「座っている(立っている)だけ」で、「何もしてい
ない」と思っている時でも、「重力」に対抗して身体を支えるた
めの筋肉、すなわち
抗重力筋のどれかが常に働いて(緊張
して)います。持続的に緊張しているために血流も悪くなりがち
で疲労が起こりやすい筋肉です。




 「抗重力筋は地球の「重力」に対抗して姿勢を保つために
働きます。首(頚)〜胴体〜大腿〜下腿の前面と後面に位置して
前後が互いに伸びたり縮んだりしながらバランスを保っていま
す。




 「抗重力筋が正常に働いて、うまくバランスを取り合うこ
とができれば、身体の「ゆがみ」は修正されます。けれども「な
くて七癖」ひとには姿勢の傾向(癖)が見られることがありま
す。日常生活を送る中で身体に癖がつくと、
抗重力筋は悪
い姿勢(癖)を記憶してしまい、その姿勢を正常な姿勢だと勘違
いしてしまいます。その結果、身体の「ゆがみ」はさらに増強さ
れて、慢性の肩こりや腰痛を引き起こすことになります。






抗重力筋



イラスト:「PRiCO(ぷりこ)」さん



名 称
起 始
停 止
支配神経
はたらき
僧帽筋
外後頭隆起

項靭帯

棘突起(全胸椎+第7頚椎)
肩甲棘(肩甲骨)

肩峰(肩甲骨)

鎖骨外側1/3
副神経
頚神経叢上部は

肩甲骨と鎖骨の挙上

中部は

肩甲骨を内方に引き固定

 下部は

肩甲骨を回転し、上腕の挙上を助ける 
板状筋
下位(第4〜7)頚椎

および

 上位(第1〜5)胸椎の棘突起 
乳様突起(側頭骨)

第1〜2頚椎横突起
 脊髄神経後枝 
 頭および脊柱の背屈と側屈 
頭長筋
第3〜6頚堆の横突起
後頭骨の底部
第1 〜第3頸神経
両側:頭部を屈曲する

片側:同側に頭部を傾斜

わずかに回旋
頭半棘筋
C7、T1〜T6(横突起)

C4〜6(関節突起)
後頭骨

(上項線と下項線の間)

頸神経
頭部の伸展、回旋
頸半棘筋
T2〜T5(横突起)
C2〜5(棘突起) 頸神経、胸神経 頸椎の伸展、回旋
胸半棘筋
T5〜11(横突起)
C5〜7・T1〜4(棘突起) 頸神経、胸神経 脊柱の伸展、回旋
胸鎖乳突筋 胸骨頭(胸骨柄の上縁)
鎖骨頭(鎖骨内方の1/3)
側頭骨乳様突起
後頭骨上項線
副神経・頚神経叢(C2 〜C3) 頭部を反対側に回旋する
頭を前下方に引く
胸骨と鎖骨を挙上する
脊柱起立筋 共通の起始
(仙骨の背面・
下部腰椎棘突起・腸骨稜)
最外側は腸肋筋:肋骨
中間部は最長筋:
棘突起または肋骨
内側は棘筋:上位の棘突起
脊髄神経後枝 頭と脊柱の背屈と側屈
腹横筋 第7〜12肋軟骨内面
胸腰筋膜
腸骨稜
鼠径靭帯
腹直筋鞘 肋間神経(第5〜12胸神経)
腸骨下腹神経
腹圧を高め、腰椎の安定性を保つ
腸腰筋



大殿筋



ハムストリングス



大腿四頭筋



下腿三頭筋



後脛骨筋



前脛骨筋








※横突棘筋は、半棘筋・多裂筋・回旋筋の三部位からなる。脊椎の後屈、側屈、回旋のはたらきを持つ。
※深背筋(第2層)(=固有背筋):板状筋・脊柱起立筋・横突棘筋(脊柱の両側に位置)脊柱と頭を動かし、脊柱を直立させるはたらきをもつ。
胸部・腰部では胸腰筋膜に包まれる→(浅背筋との明瞭な区分)